当科への紹介方法

患者様をご紹介頂く場合は原則、新患外来または専門外来の予約をとって頂く必要があります。下のリンクより診療予約申込書をダウンロードして頂き、東北大学病院・地域医療連携センターにFaxをお願い致します。緊急の場合は消化器内科外来までお電話下さい。

ご紹介患者さまの診療予約(東北大学病院HP)

新患外来・専門外来表

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
新患外来
専門外来 上部消化管 上部消化管
肝臓
下部消化管 上部消化管
膵臓
下部消化管

受付時間:午前8:30~午前11:00

電話による問い合わせ

消化器内科外来 022-717-7731(月~金 午後2時~4時30分)
※ 臨時・緊急の場合はいつでもご相談ください

各専門外来の特徴

上部消化管疾患

上部消化管グループでは、主に内視鏡治療可能な疾患を扱っています。すなわち、胃癌および食道癌の内視鏡的粘膜切除術、食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法、出血性消化性潰瘍に対する内視鏡的止血術などを行っています。特に、3年前より、広汎な病変でも一括切除できる切開剥離法という新しい粘膜切除術を導入していますので、胃および食道に広汎な粘膜内癌が認められ、従来の内視鏡治療では一括切除が困難であると判断された場合はぜひ紹介頂ければと思います。また、胃食道逆流症、逆流性食道炎、Barrett食道、Barrett食道癌、H.pylori除菌失敗例や、難治性潰瘍例、MALTリンパ腫などの精査加療も行っております。ぜひご紹介下さい。

紹介は、月、火、木曜日の消化器内科・内視鏡外来に、患者さんに絶食を指示し紹介して頂ければ、当日に内視鏡検査を施行し、治療方針など決定し御報告致します。内視鏡治療目的に紹介して頂き、受診した患者さんの場合、当日内視鏡検査を施行し、入院予約をして帰宅することがほとんどです。なお、当科を受診することが困難な患者さんの場合は、先生方からの紹介で直接入院予約することも可能ですので、上部消化管グループ医師に御相談ください。また、超音波内視鏡検査も施行していますので、月、火、木曜日の内視鏡外来に紹介して頂ければと思います。

下部消化管疾患

下部消化管グループでは、主に潰瘍性大腸炎やクローン病、単純性腸潰瘍、腸管ベーチェット病などの炎症性腸疾患と、大腸癌、大腸ポリープ、大腸ポリポーシスなどの腫瘍性疾患を扱っております。外来専門担当医は、遠藤克哉、角田洋一、木村智哉、黒羽正剛をはじめ、多数の消化器内視鏡医と伴に診断、治療に当たっております。

下部消化管専門外来は、毎週水曜日、金曜日です(ただし祝日や学会期間中は除く)。上記疾患の精査加療目的に消化器内科へご紹介頂く場合は、水曜日、金曜日の午前8時半から11時にお願いします(特に絶食を指示する必要はありません)。また、炎症性腸疾患の妊娠出産に関する情報提供や、腫瘍性疾患治療方針のセカンドオピニオン目的にご紹介頂く場合は、通常外来時間ですと、適切な説明のための時間をさけない場合があります。あらかじめご紹介前に、外来専門担当医までご連絡頂ければ、別に時間を設定いたしますので宜しくお願いします。

膵臓疾患

膵臓グループでは、膵臓癌、膵管内乳頭粘液性腫瘍、内分泌膵腫瘍、胆道疾患、慢性膵炎、急性膵炎などの精査加療を行っております。膵臓外来専門医は、下瀬川 徹、正宗 淳、廣田 衛久、菅野 敦、菊田 和宏、粂 潔、濱田 晋で、毎週木曜日午前中に膵臓外来の診察を担当しております(ただし祝日や学会期間中は除く)。膵臓疾患の患者さんに、木曜日受診と朝絶食を指示して頂ければ、当日腹部超音波検査ができますので宜しくお願いします。

ただし緊急の場合は、消化器内科外来022-717-7731にお電話ください。

肝臓疾患

肝臓グループでは、急性ウィルス性肝炎、慢性ウィルス性肝炎、肝硬変、肝癌、劇症肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)、Wilson病、特発性門脈圧亢進症、Budd-Chiari症候群、その他原因不明の肝機能障害や高アンモニア血症などの診断、治療を行っております。肝癌でも初発のものやミラノ基準を満たすようなもの、また逆に門脈腫瘍塞栓を来しているような非常に進行したようなケースでは、治療内容によって予後が大分異なってきますし、各種肝移植の適応となる疾患は特に当グループに紹介して頂く意義が大きいと思われます。また、最近注目のNASHについては、現在のところ治療法が確立されている訳ではありませんが、症例を増やして次の展開につなげていく考えでおり、ご紹介頂ければと思います。

肝臓外来担当医は小暮、井上、嘉数、涌井で、外来受診日は毎週火曜日となっております。ただし、劇症肝炎の治療など、緊急の判断を要するような場合においては、外来受診日以外にも御相談に応じる体勢となっております。以上の通り宜しくお願い申し上げます。

PageTop