医局長挨拶

東北大学病院消化器内科ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。消化器内科がカバーする対象臓器は幅広いため、当科には上部消化管グループ(食道・胃・十二指腸疾患)、下部消化管グループ(小腸・大腸疾患)、肝臓グループ(肝臓疾患)、膵臓グループ(膵臓・胆道疾患)の4つのグループがありますが、当科ではグループ間での垣根を越えて協力しながら日々、診療、研究、そして医学部学生や初期研修医・専攻医の教育を行っております。

当科では新しい内科専攻医プログラムに入られた先生と、従来の大学院を希望される先生のいずれも入局を受け入れております。令和2年度には9名の内科専攻医(うち7名は大学院にも入学)と3名の大学院生の計12名が市中病院での研修後、当科に入局されました。専攻医および研修医の先生が幅広い多くの症例を経験できるよう、臓器別グループを跨ぐような診療チームも設定しており、皆が仲良く協力して研鑽に励んでおります。大学院生は指導医と一緒に臨床研究や基礎研究に取り組み、診療にも従事しながら充実した生活を送っています。研究は臨床医としての視点から患者さんのためになるテーマを重視し、実際に多くの成果を報告しております(別ページの研究業績をご覧下さい)。内科専攻医プログラムと平行して大学院に入学することも可能ですし、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医の取得に向けた専門研修もできます。大学院修了後は一旦は関連病院へ赴任する者が多いですが、希望により大学に戻って研究・臨床などに携わることができます。選択肢はたくさんあり、指導医と相談しながらそれぞれの道を歩んでいます。

消化器内科の検査・治療に興味があり、東北地方の医療に従事したい先生や、消化器疾患の研究を世界に発信して消化器病学の発展に貢献したい、という志をお持ちの先生には、ぜひ入局をご検討下さい。当科は出身大学や研修病院にかかわらず、広く門戸を開放しております。仙台は美しく住みやすい都市ですので、良い環境の中で一緒に消化器診療の未来を築きませんか。学生、初期研修医、専攻医の先生方の見学も随時受け入れておりますので、お気軽に下記までご連絡ください。

医局長 井上 淳
消化器内科医局 Tel. 022-717-7171
E-mail. manager@gastroente.med.tohoku.ac.jp

PageTop